外付けHD漁ったら出てきました

外付けHDを漁っていたら、8年前に書いたONI-SSの書きかけがたくさん出てきました。
いくつかは薄い本のネタにしようか迷い中……でも新年一発目のシティには初心に戻って4コマで行きたいしな……
後で考えよう。

で、漁ってみて書きかけで、完成させようと思ったやつ



それは、チュンチュンと雀が鳴いて、コケコッコーと鶏が朝の来訪を告げ、味噌汁の良い匂いが漂ってきそうな上、思わず『ごきげんよう』とでも言ってしまいそうになる爽やかな朝。

ここ四国は地張りの里の頭領の屋敷。
住人の1人である彩蔵は目を覚ました。

いつもは静かなこの屋敷も、昨晩は久々に賑やかだった。
この屋敷のもう1人の住人、天地丸の妹と甥と姪、すなわち琴音と音鬼丸と御琴が遊びに来ていたから。

天地丸の義弟になる茨鬼童子は守り手が全員居なくなるのは問題だと言って異次元の隠れ里に残ったらしい。

そういうところは相変わらずかと今更ながらに彩蔵は苦笑する。
苦笑した後はキッチリと頭を切り換え、朝食の準備に取りかかろう。
なにしろいつもは二人分なのに今日は五人分あるのだから。
早めに準備をして丁度だろう。

身支度を済ませて、台所に行ってみるとそこには琴音が居た。
一緒に御琴も居る。

「おはよう。琴音さん。御琴ちゃん」
「おはよう御座います。彩蔵さん」
彩蔵の声に同時に反応する二人。
やっぱり母子だなぁ~と彩蔵は思わず感心してしまう。

あっ良い匂い。と無意識に口に出す彩蔵。
自分の作る物には無い暖かい感じのする匂い。

「申し訳ないです。お客さんなのに料理させてしまうなんて」
その匂いが味噌汁の匂いと気づくのに時間はかからなかった。

「いえいえ。昨晩は散々ご迷惑をおかけしましたし。もうすぐ朝食出来ますからねぇ」
琴音はそう言いながら、また一品作る為に包丁を握る。
「今日の朝食は私たちで作りますから彩蔵さんはゆっくりしていて下さい」
御琴に背中を押される形で台所を追い出された。
台所を出る際に伯父様を起こしてきて下さいネって別の用事は貰ったけれど。


客に朝食を用意させるなんて……まあ、たまには良いかと彩蔵は思い直す。
客と言っても琴音達は家族のようなものだ。

俺とは血が繋がってないけど、琴音達は俺も家族のように扱ってくれる。
天涯孤独の身としては、それがなによりも嬉しい。
まあ口には出さない。
素直に口に出して良いものか解らないから。
それに照れるだろと1人ゴチてみる。

とりあえず天地丸を起こそう。
いや彼奴のことだ、もう起きてるに違いない。
御琴ちゃんに頼まれた手前行かねばならないだろう。

天地丸の部屋の襖をあける。
「おい天……地!?」

一瞬何が起こったのか解らない。
ただこれだけは言える。

「もっ萌ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」




タイトル(まだ決まってない)




「え-皆さん。お集まり頂き有り難う御座います」
と、頭を下げるのは地張り忍衆副頭目&くの一統括 かよさん。
引き続き舞台は、四国は地張りの里・頭領の屋敷。

「で、なんだよ俺たちに緊急の用ってのは」
あいかわらずせっかちな砦角。

「相変わらずせっかちよねぇ」
「なにおぅ!!」
「はいはい。今は要件が先だよ。秘女乃も砦角も」
高野丸の言葉にシュンのうつむいてしまった秘女乃に対して「この猫かぶりが」と漏らす砦角。

「しかしこれだけ集めるということは、よほどの事ですよね?」
気を取り直して高野丸は周りを見渡した。

今この場に居るメンバーは、自分を含め、秘女乃、かよ、砦角、音鬼丸、御琴の6名。
いつもこういう事態なら絶対居るはずの彼らが居ないことに気づく。

「そういえば天地丸と彩蔵は?」
同じく疑問に思ったらしい砦角も高野丸と同じ質問をする。

苦笑いを浮かべる、かよ、音鬼丸、御琴の3名。

「え~と……伯父さん達は……」
と言ってモゴモゴと歯切れ悪い音鬼丸。
御琴はチラチラと音鬼丸を見ているが、同様に言い辛そうな様子。
かよが溜息をつき、

「百聞は一見にしかず。まあ見て頂戴」
と、奥へみんなを引き連れていった。

「あれ結界ですか?」
天地丸の部屋に来た時に高野丸が驚いたように言った。
秘女乃、砦角も同様に気づいている様子。

「私が張ったんです」
「なんで、また防音結界なんか?」
高野丸の質問に、かよはふすまを開けることで答えた。

そこには……

「こら天地丸は俺が育てるんだっ!!」
「なにを仰るんですか!!お兄様は私が育てるんです!!」

彩蔵と琴音が口喧嘩をしていました。



以上。


これから先の落ちまでは考えていますが、どう盛り上げていくかが、いまいち詰め切れていない……
明日考えよう。
スポンサーサイト
ONIの里
↑本家サイトへ

ONIの里・徒然日記
Twitter
プロフィール

novc

Author:novc
 ONIの里~徒然日記~へようこそ
 ONIが好きすぎて、今でもONIファンをやっているnovc(のぶし)と申します。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
最新トラックバック
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

夢 妄想の如く
↑別館ツクールサイトへ

検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
FC2掲示板
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR